ネットショップのメールアドレスをスパム(迷惑メール)送信者から守る10の方法

ネットショップを運営するなら、メールアドレスを表示しないわけにはいきませんよね。でも、何の対策もしていないとスパム(迷惑メール)を消す無意味な作業に悩まされ、ついには大事なメールを見失う事態を招く恐れがあります。そこで今日はスパム(迷惑メール)対策をピックアップ。

個人なら、メールアドレスを表示・登録しないなら安心ですが、ネットショップを運営するからには、そんなわけにはいきません。なるべくお客様に不便をかけず、効率的にネットショップ運営できる方法を、簡単に導入できるものから紹介します。

メールアドレスを表記する時の対策

アットマークを全角にする

これが最も簡単ですが、その分効果も薄いと思います。なぜかって、スパム(迷惑メール)業者は、メールアドレスを自動的に読み取って収集するシステムを使っており、そのシステムに全角の@も収集するように設定するだけだからです。気持ち程度と思っていたほうが良いでしょう。

info@unneijutu.jp(@は半角にかえてください)

全角にした場合は説明文を加えることを忘れずに。ただ、お客様が初心者の場合、何のことかさっぱり分からない可能性もありますのでご注意を(私も昔は意味が分からなかった覚えが…恥)。

「@」を「&#64:」に書きかえる

これも有名ですね。

この方法なら、上のように「@」部分を変換してもお客様に不便さは一切ありません。変換されていることも気づかないでしょう。もちろん、前記のように@も収集するように対応される危険性はありますが。

メールアドレス全てを書きかえる(エンティティ表記)

いっそのことメールアドレス全てを変換してやろう!という方法もあります。

メールは、info@unneijutu.jp まで。

@を@に変換したように、全ての文字を変換するのです。これも前期同様、お客様に気づかれない反面、比較的簡単に収集される恐れもありますが、有益と思われる方は、以下のサイトで自動的に変換することもできます。

WEB便利ツール/メールアドレス変換フォーム[エンティティ表記] TAG index Webサイト

メールアドレス変換フォーム[エンティティ表記] TAG index Webサイト

ちなみに、上記サイトにも収集しませんと記載ありますが、変換時はメールアドレスを全て入力せず、一部ずつ変換する方が安全だと私は勝手に思っています(これは偏見なので悪しからず)。

メールアドレスを画像化する

メールアドレスを自動的に読み取って収集するスパム(迷惑メール)が多いので、メールアドレスを画像化すれば自動で読み取られる可能性は低くなります。

mailsample
こんな風に自作できる方は画像化するのも効果的です。ただし、altやtitleに実際のメールアドレスを入力するようなうっかりに気をつけてくださいね。

画像化のデメリットは、フォントによって「0」と「o」や「1」と「l」を間違えてしまう可能性や、お客様にもメールアドレスをいちいちタイプしてもらう必要があるという点です。

また、メールアドレス変換と同様に、画像化も自動で行ってくれるサイトがありますが、前記の偏見から私はオススメしません。テキストなら一部ずつ変換しても後で編集できますが、画像はメールアドレスを完全に入力しないと正しい画像になりませんし、後で編集することもできませんから。

フォームを使う

最近はフォーム機能も付いたショッピングカートが増えてきていますので、お客様からの問い合わせにはそのフォームを活用すると安心です。フォーム機能ないカートの場合は、プロバイダやレンタルサーバー業者にフォームの有無を確認してみましょう(それでもなければ下をご覧ください)。

そのフォームが本当にメルアドを表示しないタイプか確認するのを忘れずに。実際にフォームをブラウザで表示し、マウスの右クリックで「ページのソースを表示」を選択して、表示されたソースに「@」が含まれていないか検索してみましょう。

フォームのデメリットは、入力項目が多いとお客様が問い合わせしづらいという点です。なるべく項目は少なくすることを心がけてください。

もっと詳しく、もっといろんな方法を知りたい方

JavaScriptを使う方法や暗号化など玄人向けの高度な対策を紹介されているサイトがあります。

メールアドレスをスパム(迷惑メール)送信業者から守る方法

メールアドレスをスパム(迷惑メール)送信業者から守る方法

前記の方法もより詳しく紹介されていますので、もっと知りたいという方はご覧あれ。

ショッピングカートがEstoreのショップサーブの方

ショップサーブは、特定商取引法表示のところに自動的にメールアドレスが表示される仕様になってますが、システムならしょうがないと嘆く前に以下のサイトをご覧ください。

ショップサーブで作ったサイトをメアド収集スパムから守る方法|ネットショップをカスタマイズ

ショップサーブで作ったサイトをメアド収集スパムから守る方法|ネットショップをカスタマイズ

2つの方法を紹介していますが、管理者さんも記載されているように、あくまで自己責任でお願いします。

メールを受け取る時の対策

メーラーの迷惑メール機能を使う

フリーソフトの中では「Thunderbird(サンダーバード)」が有名みたいです。私はこのソフトを日常使いしていませんが「迷惑メールフィルタ」という機能が備わっており、メールの内容からスパム(迷惑メール)を自動判定して振り分けてくれるようです。

Thunderbird(サンダーバード)

ただ、何を迷惑メールとみなすかの判定基準を学習させる必要があり、「迷惑マークを付ける」をチェックしてその精度を高めていくため、大事なメールに迷惑マークが付いてる!なんてこともありますが、その場合は「非迷惑マーク」をチェックすると解除されるようです。

Gmailで振り分ける

フリーのWEBメーラーなら「Gmail(ジーメール)」。私も愛用しています。個人的には学習させなくて良い分Thunderbirdより高度な迷惑メール判定をしているように感じています(世界中で使われているからでしょうか?)。

Gmail(ジーメール)

Gmailで迷惑メールを取り除いてから、PCのメーラーでメールを受け取っている方もいるみたいですね。

迷惑メールを排除してやる!と崇高な志を持っている方

迷惑メール相談センターに転送する

迷惑メール防止法が制定されたことで、取り締まってもらいやすくなりました。

迷惑メール相談センター

そこで、自分に届いた迷惑メールを他の人に届けてはならない!と素晴らしいお考えをお持ちの方は、以下に届いた迷惑メールを転送しましょう。

※携帯電話から情報提供する場合は転送機能を用い、本文の文頭に「受信月日」「送信者アドレス(情報提供する方のアドレスではなく、違反メールのFROMアドレス)」を追加記載してください。

それでも、同じ迷惑メールが届く場合は、情報提供フォームから相談してください。

迷惑メール対策のためのURL情報の提供

なお、迷惑メール相談センターでは、迷惑メール対策についての資料も配布されています。

迷惑メール対策BOOK(PDF)

迷惑メール対策BOOK

PDF版がダウンロードできますので、興味がある方はご覧あれ。

他にも、効果的なスパム(迷惑メール)対策があれば、ぜひ教えてください。

※この記事では2011/9/13現在に存在しないドメイン及びメールアドレスを使用しました。


ネットショップ運営術

自らのネットショップ運営の経験から辿り着いたネットショップ運営術を惜しみなく語ります。自分たちが経験したゼロからの実体験(成功も失敗も)を、これからネットショップを始める方、すでに運営中でお悩みの方の少しでもお役立つことができれば光栄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.