商品写真をより良くする4つの手法

実店舗と違って商品を手に取ってみてもらうことのできないネットショップにおいて、最も重要な商品写真を今より良くする手法をご紹介します。




ネットショップの最重要ポイントは商品写真!

実店舗と違って商品を手に取ってみてもらうことのできないネットショップにおいて、商品写真は最も注力すべき施策の一つです。

商品写真の良し悪しが売り上げに直結する

一目見て商品の良さやメリットが伝わり、使っている様子を思い描ける商品写真に辿り着けることができれば、自然とネットショップの売り上げは向上しているでしょう。

商品写真をより良くするには

反対に、素敵なキャッチコピーや細部にまで行き届いた商品説明を記述していても、商品写真のクオリティが低ければ、その商品の魅力は半減してしまいます。

忘れがちな画像のSEO対策(altタグ)

画像だけの情報では検索に引っかからないので、画像には、必ず「alt」タグで画像の説明をテキストで挿入することお忘れなきよう。気を付けていても、つい記述漏れしてしまうんです。忘れないコツは、「<img」や「alt=””」でテキスト検索して最終チェックすること。

小さいことですが、その積み重ねがサイトランキング向上や、画像検索からの流入につながる可能性を高めます。

商品写真をより良くするには

商品の良さを伝えるための、商品の使用イメージを伝えるための、購入ボタンをクリックしてもらうための、より良い商品写真にするには、4つの手法があります。それぞれの概要と注意点をまとめますので、ぜひすべての手法の実践をオススメします。

  • フリー素材を利用する
  • 有料素材を利用する
  • プロに依頼する(外注)
  • 自分で撮る・加工する

フリー素材のメリットと注意点

商品写真や商品説明に彩りを加えるに、フリー素材はもっとも低コストで実践しやすい手法です。フリー素材といえば以前は風景や建物の素材ばかりでネットショップとしては活用しづらかったのですが、最近は人物やネットショップ向けに加工しやすい構図のフリー素材も豊富!

フリー素材はその名の通り基本的に無料なので、誰でもすぐ試せる手法ですが、以下の注意点をご確認の上、用法・要領を守って正しくお使いください。

フリー素材のメリット

  • 無料!
  • 写真加工の仕方によってはオリジナリティの演出も可能

フリー素材の注意点

  • 素材ごとに利用規約が異なるので確認が面倒。
  • クレジット(著作権者)表記必須だと、フリー素材とバレてしまう。
  • リンク要だとネットショップ外へ飛んでしまう可能性も。
  • 特に人物素材で、いろんなサイトで利用されている素材だとオリジナリティが薄れる

有料素材のメリットと注意点

フリー素材よりもう少しネットショップにオリジナリティを出したいときに、比較的安価な手法が有料素材の活用です。ストックフォトとも呼ばれる有料素材は、CD-ROMで販売されているものもあれば、ネット上で気に入った素材を1点からでも購入することもでき手軽です。商品説明に彩りを加える時にも重宝します。

有料素材のメリット

  • 比較的安価
  • 写真の加工によって差別化も
  • いろんな構図がある(特に人物写真で同じモデルの別パターンがGOOD!)

有料素材の注意点

  • フリー素材よりかぶることは少ないがそれでも使い勝手良い人物素材はかぶることもある
  • 有料といえど何でも自由に使えるわけではないので利用規約の確認は必須。

利用サイズによって価格帯は変動しますが、ネットショップだとそれほど高い画素数は必要無いので、1点ずつだと数千円~、定額制でまとめて購入するなら数十円~とフリー素材の次のステップとなる手法だと思います。

プロ依頼のメリットと注意点

オリジナリティを重視すると、プロに依頼(外注)する手法に至ります。カート横に表示させる商品写真を撮影したり、商品の利用シーンを伝えるためにスタジオを借りて撮影したり、その内容によってコストは大きく変動しますが、他のネットショップと違う、独自の表現を実現するには、プロの力を借りるのが効果的です。

プロ依頼のメリット

  • オリジナリティ・差別化
  • クオリティ

プロ依頼の注意点

  • 写真の利用場所や理想の写真を思い描いておかないと、無駄な時間がかかったり、余計なコストがかさんでしまう。
  • 著作権の扱いや納品形式など諸条件は必ず確認すること。

プロ=高そうというイメージがあると躊躇してしまいそうですが、オリジナリティや差別化との圧倒的なメリットがあります。良い写真は長期利用できますので、素材を購入するよりコストパフォーマンスが良くなることも少なくありません。

自分で商品写真を撮るメリットと注意点

オリジナリティを維持しつつ、プロ依頼よりローコストに抑えられる可能性を秘めているのが自分で撮る手法です。何度でもやり直しできるため、商品の魅力を伝える表現が定まっていない場合にも有益です。試行錯誤を繰り返すことで、伝えたいことを表現するにはどうすれば良いかイメージしやすくなりますし、プロに外注する際も同じ目線で依頼することができるようになります。

自分で商品写真を撮るメリット

  • オリジナリティ・差別化
  • 何度でもやり直せる
  • 自由

自分で商品写真を撮る注意点

  • 凝りだすと、機材などのコストがかさみ、手間をかけすぎてしまう傾向がある
  • 一定のクオリティが無いと、オリジナリティはあるがイメージを損なう可能性もある

商品写真のクオリティを高めるには抑えておいたほうが良いポイントがあります。

  • 自然光を利用しよう
  • 撮影セットを作ろう
  • いろんな角度(アングル)を楽しもう
  • 商品を魅力的にアピールしよう
  • 写真は編集で差が出る!

中でも写真の編集は、フリーや有料の写真素材にも応用できる大事なポイントなので、自分で撮影しない場合でも抑えておくと良いでしょう。

画像エディタ付きネットショップWixStores

自分で撮影した写真はもちろん、フリー写真や有料写真などは、いずれもその後の加工方法によっても伝わるイメージは大きく異なります。画像編集ソフトを利用するのが一般的ですが、スキル習得にはそれなりに時間がかかるもの。

画像編集ソフトを使える、使えないに関わらず、手軽に写真を編集できるサービスについて調べていたところ、ネットショップ作成サービスのWixStoresに手軽に写真を編集できる新エディタ機能があることを知りました。

画面上で、「リサイズ」「切り抜き」「回転」「フィルタ」「強弱(コントラスト)」「明るさ(明度)」「彩度」「暖かさ」など細かい調整が簡単にでき、また、人物写真向けに「美白」「傷補正」「赤目補正」などの編集機能もあります。テキストの追加も可能でオリジナリティーを出すには十分です。

実際の画面イメージはこんな感じ。

160601_02

ネットショップ管理画面から「商品」タブをクリック、個々の商品をクリックして「商品情報」編集画面へ

160601_03

デフォルトで入っている商品画像をクリックし、「画像を選択」のポップアップを開き、「マイイメージ」のタブにアップロードされた画像のサムネイルにカーソルを合わせると、写真の下の方にアイコンが表示される。

160601_04

ブラシのアイコンをクリックして画像エディターを開きます。

160601_05

160601_06

ここでサイズ変更、向きの回転、明るさ、彩度、鮮明度、画像へのテキスト追加などの加工を行うことができます。

160601_07

編集後に保存すると、加工元の画像を残したまま、新しい画像が登録されるので気軽に試せます。管理画面上で直感的に操作でき、スキル不要なのが良いですね。


写真撮影は奥が深いので、凝りだすと深みにはまってしまう傾向があるので要注意。加工しすぎもお気を付けください。商品写真で大事なのは、プロ級のクオリティではなく、その商品の魅力をいかに伝えるかということを忘れずに。

ネットショップは業務の幅も広く、やることがたくさんあるので、いかに手間をかけず成果に結びつけるかを念頭に自分のネットショップに合う手法をお選びください。


ネットショップ運営術

自らのネットショップ運営の経験から辿り着いたネットショップ運営術を惜しみなく語ります。自分たちが経験したゼロからの実体験(成功も失敗も)を、これからネットショップを始める方、すでに運営中でお悩みの方の少しでもお役立つことができれば光栄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.